回文春秋

回文と鑑賞

伊丹よ、森高の物語も読みたい

 

広告

 

(いたみよもりたかのものかたりもよみたい)

【解説】伊丹十三の妹は大江健三郎の妻である。ある時、伊丹十三に向かって大江健三郎が「伊丹よ、森高(千里)の物語も読みたい」と漏らしたという。この構想が、やがて「M/Tと森のフシギの物語」へと結実したのである。

 

M/Tと森のフシギの物語 (岩波文庫)

M/Tと森のフシギの物語 (岩波文庫)