回文春秋

回文と鑑賞

夜空は野原ぞよ

 

広告

 

(よぞらはのはらぞよ)

【解説】夜空を見上げて、幼くして身罷った遺児を想っている殿様である。あの子は星となって、今夜も夜空の野原を駆け回っているに違いないぞよ……。

 

夜空はいつでも最高密度の青色だ

夜空はいつでも最高密度の青色だ