回文春秋

回文と鑑賞

話好きの蓼科くんシリーズ

 

広告

 

比較的手軽に、回文作りを楽しめる定型を思いついた。

「話好きの蓼科くん」という設定を作って、彼がどういう風に話をするのかを報告するのである。

 形としては「たてしなは~」で始めて「~はなしてた」で終わらせる。

 


蓼科は「スして死す」話してた
(たてしなはすしてしすはなしてた)

 

蓼科は「ナカイかな?」話してた
(たてしなはなかいかなはなしてた)

 

蓼科は階から階下話してた
(たてしなはかいからかいかはなしてた)

 

蓼科はかい西瓜話してた
(たてしなはかいすいかはなしてた)

 

 蓼科は西から河岸話してた
(たてしなはしからかしはなしてた)

 

蓼科は体でいた話してた
(たてしなはたいでいたはなしてた)

 

 

などなど。コツは「はなしてた」の直前に何を置くかを考えて、その言葉をひっくり返して「たてしなは」の直後に持ってくることである。

太字の部分を参考にして、皆さんもお試しください。