回文春秋

回文と鑑賞

「我が名、雛罌粟や!」怪しげな雛皮

 

広告

 

(わがなひなげしやあやしげなひながわ)

【鑑賞】「自分の名前は雛罌粟や!」と関西弁で雛皮が叫んだ。たいへん怪しげな様子である。