去り際にあと一つ……、さて、この私が……でかしたわ!鋸でさっと人(兄)輪切りさ!

(さりぎわにあとひとつさてこのわたしかでかしたわのこてさつとひとあにわぎりさ) 【大意】去り際にあと一つ(言っておきたい)、私が鋸でさっと人間(兄)を輪切りにしたことを! 【解説】よほど兄との仲が悪かったのか、自慢げに凶悪犯罪を告白している様子である。 少女の犯罪 作者: 佐々木和江 出版社/メーカー: 文…