回文春秋

回文と鑑賞

会話

はう!とんだ災難!「あの……」「今すぐ、住まいの案内さ!担当は……」

(はうとんたさいなんあのいますぐすまいのあんないさたんとうは) 【大意】「あの……」と言いかけただけで、住宅の売り込みの担当者が用意されてしまった。とんだ災難である。 【解説】説明を聞いているうちに、買ってしまうような成り行きが予想される。 「…

「嫁、やけにいいな!」「県地図は確かに貸したはず!チンケな言い逃げやめよ!」

(よめやけにいいなけんちずはたしかにかしたはずちんけないいにけやめよ) 【解説】夫が嫁にお世辞を言っているが、県地図の在り処を誤魔化している言い逃げのようにしか聞こえていない。 県別マップル 埼玉県 道路地図 (ドライブ 地図 | 昭文社 マップル) …

「瑠奈に嘘ついて、失敗で私立探偵、閉店だ」「釣りし、剃髪して……、いつ僧になる?」

(るなにうそついてしつはいてしりつたんていへいてんたつりしていはつしていつそうになる) 【大意】「瑠奈に嘘をついて失敗し、私立探偵は閉店だ」と元探偵が言い「釣りをし、剃髪をして、いつ僧になるのか?」と相手が尋ねる。 【解説】悪い女にきついし…

「あ、焼き鮭缶あんかけさ」「きゃあ!」

(あやきさけかんあんかけさきやあ) 【大意】「焼き鮭缶あんかけ(という料理)さ」「きゃあ!」 【解説】ひとり暮らしの男が編み出したオリジナル料理であろう。それを見るや否や「きゃあ!」と叫ぶのは、よほどのことである。 あけぼの 鮭水煮 EO缶180g …

「そうか!た、喩え弁護士だ!」「裸足権兵衛と戦うぞ!」

(そうかたたとえべんごしだはだしごんべえとたたかうそ) 【大意】「そうか、喩え弁護士だ!」と誰かが気づき「裸足権兵衛と戦うぞ!」と別の誰かが言う。 【解説】漫画でよくある、群集の中の誰かによる説明的な台詞である。喩え弁護士と裸足権兵衛は語感…

さそり狩りソサエティシリーズ

夜(笑)――。 「あ、痛え!」 さそり狩りソサエティ現るよ! (よるわらあいてえさそりがりそさえていあらわるよ) 【解説】夜の後に(笑)が入っている理由も意味も、全くわからない回文である(笑)。手直しする以外の選択肢はない。 夜――。 「あ、痛え!…

「いただく?胡椒どう?」芳子「くだたい!」

(いただくこしようどうよしこくだたい) 【大意】誰かが「胡椒をいただく?どう?」と訊いている。芳子は「くだたい(下さい)」と元気よく返答した。 【解説】芳子はふざけ半分に赤ちゃん言葉を使うことがあるみたいでちゅよ。 <a href="ht…

「確か、いた!」「ヘビから黴へ退化した!?」

(たしかいたへびからかびへたいかした) 【大意】「確かにいた」と興奮気味に報告する人物と「ヘビから黴へ退化したのであろうか」という仮説を述べる人物との短いやりとり。 【解説】怪奇SF映画風の一場面で、切迫した様子でありながらも説明調の台詞であ…

哲太「な、”アーモンドうどん洞穴 ”かな?」「あら、本当(ドン!)もー、あなたって!」

(てつたなあーもんどうとんほらあなかなあらほんとうどんもーあなたつて) 【大意】哲太が「”アーモンドうどん洞穴”かな?」とどこかを示し「あら、本当」と妻に言わせた瞬間、背後から「ドン!」と突き飛ばした。「もー、あなたって!」 【解説】まさか「…

「ガハハ!達也、散れ!飛べ!」「とれちゃった、歯、歯が……」

(がははたつやちれとべとれちやつたははが) 【大意】誰かが笑いながら、達也に「散れ、飛べ!」と言っている。すると達也の歯が取れてしまった。 【解説】達也の相手は敵か、鬼コーチか、はたまた双子の弟か……? タッチ 完全復刻版 26 (少年サンデーコミッ…

「うおー!今年こそ、阿蘇越しとこー!」「おう!」

(うおーことしこそあそこしとこーおう) 【大意】今年こそ、阿蘇山を越しておきたい! 【解説】山岳部の部員たちであろう。 阿蘇山 (日本の名山) 作者: 串田孫一,今福龍太,今井通子 出版社/メーカー: 博品社 発売日: 1998/01 メディア: 単行本 クリック: 2…

「よし、いきり立つな!」「靴、きつい!」「いつ、きつくなった?力石よ!」

(よしいきりたつなくつきついいつきつくなつたりきいしよ) 【大意】試合中「いきり立つな!」とセコンドが力石に注意すると、靴がきついと言う。一体、いつからだろうか? 【解説】「あしたのジョー」の力石徹である。 あしたのジョー 力石徹 (ノンスケー…

寝台で「羊羹ドウヨ?」「メダル取ル?駄目ヨ」「ウドン買ウヨ!」鼎談し

(しんだいてようかんどうよめだるとるだめようどんかうよていだんし) 【大意】寝台列車で、羊羹を勧めたり、メダルの獲得に悲観的だったり、うどんを買おうとする男らが話をしている。 【解説】片言の日本語を話す外国人らしき三人の賑やかな様子である。 …

「” 海外双眼鏡預金 ” が嘘!?」「……意外か?」

(かいがいそうがんきようよきんがうそいがいか) 【大意】「海外双眼鏡預金」が嘘であったが「……意外か?」と返されてしまった。 【解説】外貨預金で儲けようという計画が、詐欺であったため潰えたようである。会話の相手はもともと胡散臭いと考えていたよ…

「妖怪、捕獲か?」「ホイ、買うよ!」

(ようかいほかくかほいかうよ) 【大意】「妖怪、捕獲か?」という曖昧な一報にすかさず「ホイ、買うよ!」と声がかかった。 【解説】金持ちに特有の投資心理が巧みに描かれている。 対談集 妖怪大談義 (角川文庫) 作者: 京極夏彦 出版社/メーカー: 角川グ…

「居たりな、……虹や」 おやつ監督、泣く。 「とんかつ屋おやじになりたい!」

(いたりなにじやおやつかんとくなくとんかつやおやじになりたい) 【大意】「ここに居なさい。虹が出ているのだから」という言葉に、おやつ監督が泣き「とんかつ屋おやじになりたい!」と叫んだ。 【解説】頑なだったおやつ監督の心が、雪解けのように解放…

「NHK、ケチ!」「……言えぬ…」「え?」

(えぬえいちけいけちいえぬえ) 【大意】NHKに「ケチ!」と悪口を言ったところ「……言えぬ…」という返事が返ってきて、疑問に感じた。

「茄子郎、牢屋行き!」「いやー!」「ウロウロすな!」

(なすろうろうやいきいやうろうろすな) 【大意】茄子郎は牢屋行きと命じられ、嫌がりながらウロウロしている。 【解説】男か、それとも女か?「茄子郎」という人物は謎めいている。

「ダンク!?」「マジ!?」「神奈川の、わが中島君だ!」

(だんくまじかながわのわがなかじまくんだ) 【大意】ダンクシュートを決めたのは、神奈川のわが中島君だ!

「やっ、やったな!アーモンドうどん!」「も~、あなたツヤツヤ!」

(やつやつたなあーもんどうどんもーあなたつやつや) 【大意】ついにアーモンドうどんが完成した。興奮気味の夫の横で、妻も「ツヤツヤ」だと喜んでいる。

「亀と泳ぐよ」「乙女か!」

(かめとおよぐよ おとめか) 【解説】海で何をするかと訊かれて「亀と泳ぐよ」と言った友人に「乙女か!」と、すかさずツッコミを入れた。

時が満つ、来る年に「何しとる?」「靴磨き」と

(ときがみつ くるとしになにしとる くつみがきと) 【解説】時が満ち、いよいよ来る準備をしている2015年に「何しとる?」と問うと「靴磨き」という返答があった。 ゆく年くる年2015「貼り付け機能でプレゼントキャンペーン」 [ビルケンシュトック] BIRKENS…

そう、うかうか土鍋など買うか!う、嘘!

(そう うかうかどなべなどかうか ううそ) 【解説】我が家の財政は逼迫しており、うかうか土鍋など買ってはいられない。と怒ったが、いつの間にか妻は高級な土鍋を購入済みであった。

「蚊取り線香号、合コンせり!」とか……。

(かとりせんこうごうごうこんせりとか) 【解説】海軍の軍艦内で「最近、ろくな通信がないな」と上官が言うと、ちょうど風紀の乱れを思わせる通信が……。