回文春秋

回文と鑑賞

2017-12-20から1日間の記事一覧

つかの間の筋トレして知れ「とんき」の魔のカツ

(つかのまのきんとれしてしれとんきのまのかつ) 【解説】ほんのしばらくでも筋トレをしてから有名店「とんき」のカツを食べると、それはもう魔術的な美味しさである。 とことん! とんかつ道 (中公新書ラクレ) 作者: 今柊二 出版社/メーカー: 中央公論新社…

旦那は年の瀬に「偽の死とは何だ?」

(だんなはとしのせににせのしとはなんだ) 【解説】年の瀬になっても「偽の死」という言葉にまだ悩まされている。謎のダイイング・メッセージが気になるあまり、自宅でも考え込んでいる刑事の姿である。 偽りと死のバラッド (角川文庫―ウェクスフォード警部…