回文春秋

回文と鑑賞

2017-12-17から1日間の記事一覧

大竹、かに玉を股にかけた「おお!」

(おおたけかにたまをまたにかけたおお) 【解説】昔の大竹まことは、かに玉スープをアイドル歌手の股にかけるような、挑発的なパフォーマンスを頻繁に行っていた。視聴者は「おお!」とテレビの前で叫ぶしかない。 こんな料理で男はまいる。 (文芸シリーズ)…

近藤正臣「民生様~!うどん粉!」

(こんどうまさおみたみおさまうどんこ) 【解説】奥田民生は頭にタオルだか手ぬぐいだかを巻いて、作務衣を着て、いかにも手打ちうどんの店を始めそうなタイプである。近藤正臣が甲斐甲斐しく「民生様~!うどん粉!」と助手役を務めている。 ところで以前…

回文もどき その4

土蔵にどうぞ!(どぞうにどうぞ) 【解説】回文にもダジャレにもなっていないのに、何となくそれっぽい感じだけがふんわりと漂っている。もちろん、少しも嬉しくないふんわり感である。 ラモス瑠偉といるモスラ(らもするいといるもすら) 【解説】「そうな…

この潮騒と森は、張本勲氏の子……

(このしおさいともりははりもといさおしのこ) 【解説】日曜日になると怪しげな暴言で世間を賑わせるお爺さん、それが張本氏であるが、なぜかこの回文ではいい雰囲気が漂っている。よくも悪くも、現実とは何の関係もないのがこのブログの回文である。 張本…