回文春秋

回文と鑑賞

2017-10-06から1日間の記事一覧

「今年負けた奴、ところてん噛んでろ!」コトッ「矢だけ増しとこ!」

(ことしまけたやつところてんかんてろことつやたけましとこ) 【解説】弓道部の部長が「今年負けた奴、ところてん噛んでろ!」と個人戦での不甲斐なさに激怒している。ところが「コトッ」という音に先生の気配を感じ「矢の数だけ増しておこう!来年も一緒に…

イナゴ湧く地に「なか卯」かな(煮竹輪こない)

(いなこわくちになかうかなにちくわこない) 【解説】イナゴが湧くように大量発生する場所に「なか卯」が開店した。しかし、煮た竹輪を注文しても来ない、ひどい店だった。 いなごの日/クール・ミリオン: ナサニエル・ウエスト傑作選 (新潮文庫) 作者: ナサ…

紫蘇の実や サンバの晩さ 闇の阻止

(しそのみやさんばのばんさやみのそし) 【解説】闇討ちを阻止したのは、サンバカーニバルの夜のことだったぜ……。「紫蘇の実」は秋の季語で、香りがよく刺身のつまや漬け物にも使う。 闇の狩人〈上〉 (新潮文庫) 作者: 池波正太郎 出版社/メーカー: 新潮社 …