回文春秋

回文と鑑賞

2017-09-11から1日間の記事一覧

四段「何で、つい “『金枝篇』へ心機一転 ” なんだよ?」

(よだんなんてついきんしへんへしんきいつてんなんだよ) 【解説】将棋の新四段は、半年で二人ずつしか昇段できない狭き門である。新四段のうち一人は色紙に「努力」「克己心」などと平凡な言葉を書いている。もう一人は「『金枝篇』へ心機一転」などと書い…

九谷コンガを頑固に叩く

(くたにこんがをがんこにたく) 【解説】帰宅した哲は、九谷焼のコンガを頑固に、しつこく叩いた。しかし焼き物だけに、いい音は出ない。それでも鬱屈をぶつけるように、叩き続ける。 九谷焼 陶器 一輪挿し 小紋ぶどう 出版社/メーカー: 九谷焼 メディア: …

哲「糸電話、からかわんで!」と言って……。

(てついとてんわからかわんてといつて) 【解説】いじめられっ子の哲は、周囲の者から糸電話のことでからかわれている。スマホや携帯どころか、糸電話を使用しているためである。抗議するものの、さほど効果はない。 かぐや姫竹糸電話 出版社/メーカー: 和…

「げ!」「蟹や!」「う……」碌な物もなく、牢屋に影

(げかにやうろくなものもなくろうやにかげ) 【解説】三人の無口な囚人の会話である。貧寒とした牢屋であり、蟹が這い回る床には鉄格子の影が落ちている。 ミニチュアドールハウス 牢屋Mサイズ 出版社/メーカー: カントリーウッドガーデン メディア: この商…

「我が名、雛罌粟や!」怪しげな雛皮

(わがなひなげしやあやしげなひながわ) 【鑑賞】「自分の名前は雛罌粟や!」と関西弁で雛皮が叫んだ。たいへん怪しげな様子である。 ストレス解消グッズ 雛のおもちゃ 握ってストレス発散 気持ちいい 感触 5個セット 出版社/メーカー: JP MALL メディア: …