回文春秋

回文と鑑賞

2015-07-08から1日間の記事一覧

蝉男石にしみ入り出てこない

【解説】新鮮戦士の蝉男は、石にしがみつき、そのまましみ入るように溶けてしまい、石から出てこない。一体、彼は何を考えているのであろうか……。 ちなみに、回文ヴァージョンでは「せみお」と読むが、俳句では「せみおとこ」と読んでほしい。