回文春秋

回文と鑑賞

2015-01-23から1日間の記事一覧

虚しい武蔵、菓子つまみ待つ「……しかし、……寒いし、……南無」

(むなしいむさしかしつまみまつしかしさむいしなむ) 【大意】虚しさを胸に武蔵は菓子をつまみ、待ちながら「……しかし、……寒いし、……南無」と言う。 【解説】宮本武蔵は寺(あるいは墓地か)で誰かを待っている様子である。「……しかし、」以下の台詞は「バ…

「ウイ~、どれ、洋子ちゃんや。ちこう寄れ」と言う

(ういとれようこちやんやちこうよれという) 【大意】洋子ちゃんや、もっと近くに寄ってこい。 【解説】殿様タイプの酔漢の台詞であろう。 じょんから女節 アーティスト: 長山洋子,鈴木紀代,伊戸のりお 出版社/メーカー: ビクターエンタテインメント 発売日…