回文春秋

回文と鑑賞

「朝、くノ一、唾はいたらしいし、裸体はばっちいの!」「臭あ!」

(あさくのいちつばはいたらしいしらたいはばつちいのくさあ)

【解説】くノ一は死ぬ寸前に唾を吐き、裸体も汚く臭いという。しかし、そのように忌み嫌われることこそが、忍法によって仮死状態となったくノ一の狙いなのであった!

 

妻は、くノ一 (角川文庫)

妻は、くノ一 (角川文庫)