回文春秋

回文と鑑賞

樏の傷痕 小豆の貴人か

(かんじきのきずあとあずきのきじんか)

【解説】大雪の中、遠方からやってきた謎めいた客人の樏(かんじき)には言い伝えと同じ傷痕があった。もしや、伝説の小豆国からの貴人ではないだろうか?

「樏(かんじき)」は、雪の中に足を踏み込んだり,すべったりしないように靴などの下に付ける道具で、冬の季語。

 

和かんじき 立山かんじき (大)

和かんじき 立山かんじき (大)