回文春秋

回文と鑑賞

気味悪いのいるわ見機

(きみわるいのいるわみき)

 【解説】さびしい場所で「気味悪いのいるわ~」と言うだけで、気味の悪い何かを実体化し、見せてくれる機械である。

 

とじ太のママ「気味悪いのいるわ~」

とじ太「ワー!言っちゃダメ!」