回文春秋

回文と鑑賞

食べ泣けた「軍鶏とモヤシだけ鍋」だ

(たべなけたしやもともやしたけなべた)

【解説】料理下手な父がかつて考案した「軍鶏とモヤシだけ鍋」を久々に作って食べてみた。すると何故だろう、涙が止まらない……。鍋は冬の季語。