回文春秋

回文と鑑賞

哲がやけにニヤニヤ……。「に、にやけやがって……!」

(てつがやけににやにやににけやがつて)

【解説】哲がやけにニヤニヤしているせいで、誰かが腹を立てている。いつもと違って、哲はやけに上機嫌である。