回文春秋

回文と鑑賞

何でも貸し出す役場「モカシン、しかも爆安だ!」「鹿もでんな!」

(なんでもかしだすやくばもかしんしかもばくやすだしかもでんな)

【解説】とんでもない役場が現れた。何でも貸し出すと宣言し、モカシンの靴や鹿まで爆安で用意されているという。市民らは大喜びである。