回文春秋

回文と鑑賞

如何せん可笑しな噺家温泉会

(いかんせんおかしなはなしかおんせんかい)

【解説】温泉旅館の主人が困っている。「可笑しな噺家の温泉会の連中が、今年も大挙して押しかけてくるぞ……どうしよう?」

 

噺家のはなし

噺家のはなし