回文春秋

回文と鑑賞

お知らせタイム

9、10月に書いた回文を中心に「~シリーズ」を整理して、連作回文集「毛唐と砂糖と外道」としてまとめてみました。

「さそり狩りソサエティ」の続編のような位置づけですが、製作期間的には2年半くらいの間があります。作風は前とほぼ同じです。

 

kakuyomu.jp

 

目次は以下の通り。

 

 

海外名作文学シリーズ
よくある名字シリーズ
やや珍しい名字シリーズ
意味不明だが勢いのあるツッコミシリーズ
お辰捕物帳シリーズ
「人情派刑事 山さん」シリーズ
話好きの蓼科くんシリーズ
本当にどうにもならない会話のような断片シリーズ
野人シリーズ
「ザ・外道音頭」シリーズ
意味不明だがブルース・ロック風でやさぐれていてカッコいい雰囲気シリーズ
あとがき

 

 

前半は比較的読みやすいもの中心で、後半はかなりハチャメチャですが、旧作と併せてお楽しみください。