回文春秋

回文と鑑賞

松茸や腰痛通よ焼けた妻

(まつたけやようつうつうよやけたつま)

【解説】松茸狩りをしていると、腰が痛くなってくる。腰痛に詳しい「腰痛通」の頼もしい妻は日に焼けるほど松茸に夢中である。「松茸」は秋の季語。