回文春秋

回文と鑑賞

栗鼠食いの胃薬

(りすぐいのいぐすり)

【解説】生きたままの栗鼠にかじりつく、それが「栗鼠食い」。しかし、特殊な胃薬が必要とされるのであった。

 

サンフェルト 羊毛キット おでかけリス FFK005