回文春秋

回文と鑑賞

貝割菜 むかし確かむ 生業か

(かいわりなむかしたしかむなりわいか)

【解説】以前にもあの人の生業を確かめたことがあったなあ。貝割菜は秋の季語で「芽が出たばかりの、貝割り形をした二葉を食べる野菜。摘まみ菜など。かいわり。かいわれ。(大辞林)」