回文春秋

回文と鑑賞

目と血、肌、消す玉

目と血、肌、消す玉。

また、ママ助けた。

八度目。

(めとちはたけすたままたままたすけたはちとめ)

【解説】魔力を持った玉の力で、目と血と肌を消す力を手に入れた少年……、ということはガイコツのような姿で、八回もママを助けたのであろうか?謎が謎を呼ぶ、ハラハラドキドキの冒険ファンタジー回文日記である。