回文春秋

回文と鑑賞

夜の底に待つわが小川 妻にこそ乗るよ

(よるのそこにまつわがおがわつまにこそのるよ)

【解説】小川が妻に乗るのか、それとも妻を小川に喩えているのか。