回文春秋

回文と鑑賞

短日や詩歌の会は自室にて

 

【解説】日が短くなったある日のこと、たつた一人で詩歌の会を開催してしまつたよ。ただ単に「自分の部屋で詩の本を読んだ」というだけの会であるよ。

 

詩歌の待ち伏せ〈1〉 (文春文庫)

詩歌の待ち伏せ〈1〉 (文春文庫)

 

 

季語:短日

季節:冬