回文春秋

回文と鑑賞

朝寒やネス湖で俳句を詠みにけり

 

【解説】次第に朝も寒くなってくるネス湖のほとりで、ネッシー俳句を詠んでいる二人の男たちがいた。彼らはかつて一攫千金を狙って渡英したものの、今ではみやげ物店を営んでいる。

 

おばけ、ネス湖へいく

おばけ、ネス湖へいく

 

 

季語:朝寒

季節:秋