読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

回文春秋 / 季語と季節は何でしょう?

2015年の前半は回文、後半は俳句のブログだった跡地

確か……(はっ!)板にタイツ、履かした……!

 

 

(たしかはついたにたいつはかした)

【解説】「あなたは、ひょっとしてその板に靴下……、いや、もっと伸縮性のあるもの、例えばタイツやストッキングのようなものを履かせたのではありませんか?」

名探偵・白戸沢尚輝が一見、不自然とも思えるような質問を投げかけると、無実を訴えている容疑者はたちまち(はっ!)と気づくものである。そしてこのとき、なに食わぬ顔でいる真犯人も内心で(はっ!)と思っているものである。