回文春秋

回文と鑑賞

贋の歯は 呪いの色の 母の背に

(にせのははのろいのいろのははのせに)

【解説】「贋の歯」とは入れ歯か差し歯のことであろう。呪いの色に染まった母親の背には、誰かに噛み付かれて刺さり、残った歯が何本か……。