回文春秋

回文と鑑賞

回文讀物:回文を作って四ヶ月

f:id:ankoro:20150412064651j:plain

 

回文を作って四ヶ月、そしてこの記事は三百回目の更新となった。

しかしここ半月ほどは、ちょっと思いついた単語をひっくり返してもなかなか回文にならないし、新機軸も見つからない。

一応、一年間はこのブログを毎日更新しようと思っていたのだが、このまま行くと六月あたりに深刻な危機を迎えるかもしれない。

「回文の作り方」などと偉そうに講釈を垂れている余裕はなくなってしまった。

今後、一体どうなるのであろうか?

読者の皆さんも、ドキドキしつつ、ハラハラしつつ、スリルを味わいながら見守ってほしい!