回文春秋

回文と鑑賞

「チクるなう……」と「ううう……」と唸る口

(ちくるなうとうううとうなるくち)

【大意】「チクるなう……」「ううう……」と唸る口である。

【解説】この二通りの台詞ばかり言っている口があるとしたら、かなり気味が悪い。しかも「~なう」という言い方は、もうほとんど見かけない。

 

チクる!

チクる!