回文春秋

回文と鑑賞

竹割り機械で茹でイカ切り分けた

(たけわりきかいでゆでいかきりわけた)

【大意】竹を割るための機械で、茹でたイカを切り分けた。

【解説】硬い竹を割るための機械があるということは、かなり強い力を出せる筈である。わざわざその機械を使って、柔らかい茹でイカを切り分けようという一種のおふざけか。

 

千吉 両手用竹割 全鋼刃6割 175mm

千吉 両手用竹割 全鋼刃6割 175mm