回文春秋

回文と鑑賞

今朝の味 油菜並ぶ アジアの酒

(けさのあじあぶらなならぶあじあのさけ)

【大意】油菜を肴に、アジアの酒を飲んでいる今朝である。

【解説】朝からいきなり酒である。油菜は春の季語で、おそらく炒め物か、おひたしであろう。