回文春秋

回文と鑑賞

はう!とんだ災難!「あの……」「今すぐ、住まいの案内さ!担当は……」

(はうとんたさいなんあのいますぐすまいのあんないさたんとうは)

【大意】「あの……」と言いかけただけで、住宅の売り込みの担当者が用意されてしまった。とんだ災難である。

【解説】説明を聞いているうちに、買ってしまうような成り行きが予想される。

 

「家を買おうかな」と思ったときにまず読む本 〈新版〉

「家を買おうかな」と思ったときにまず読む本 〈新版〉