回文春秋

回文と鑑賞

「死ぬまで丹下左膳、グンゼさ!」源太、デマ主

(しぬまでたんげさぜんぐんぜさげんたでまぬし)

【大意】「死ぬまで丹下左膳グンゼ(のパンツを履いたまま)さ!」とデマを流した主は源太である。

【解説】源太という名前だけにデマの源流。グンゼのパンツは子供が履くものなので、中学生くらいになるとバカにされてしまう。時代考証がメチャクチャだが、噂の恐ろしさが描かれている。