回文春秋

回文と鑑賞

回文の作り方:前書き

このブログの読者の中には、自分も回文を作ってみたいと思われる方もいるかも知れない。

また「回文の作り方」で検索してこのブログに辿り着く人もいるようなので、自分の考えや経験をまとめて書いておくことにする。

 

 

さて、

「逆から読んでも同じ文になる」

という回文の成立条件をクリアしている作品のうち、レベルの高低で大まかに三種類に分けて整理すると、およそ次のようになる。

 


初級レベル(低い)→ 文字数が十字程度かそれ以下、意味が曖昧で説明不足


中級レベル → 十字程度以上から三十字程度、意味がほぼ明瞭


上級レベル(高い) → 十字程度から三十字以上、文字数に法則性がある(五七五や五七五七七)、濁点や半濁点、促音などの扱いが厳しい、文意に寓意、詩情、物語性、教訓、などが含まれる

 

 


これら三種類のうち上級レベルは、まだ案内できない未知の領域である。
初級や中級なら、およその作り方は整理できるので、まず初級レベルの作り方について考えてみよう。