回文春秋

回文と鑑賞

寝る日(強いて予定し昼寝)

(ねるひしいてよていしひるね)

【大意】寝る日と定めた日には、強いて予定して昼寝をする。

【解説】健康管理には睡眠が重要であり、無理にでも昼寝をする日を設け、断固として実行するべきである。