読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

回文春秋 / 季語と季節は何でしょう?

2015年の前半は回文、後半は俳句のブログだった跡地

「確か、いた!」「ヘビから黴へ退化した!?」

 

 

(たしかいたへびからかびへたいかした)

【大意】「確かにいた」と興奮気味に報告する人物と「ヘビから黴へ退化したのであろうか」という仮説を述べる人物との短いやりとり。

【解説】怪奇SF映画風の一場面で、切迫した様子でありながらも説明調の台詞である。退化する新生物は、宿主を求めて彷徨っているに違いない。人類の運命や如何に?