回文春秋

回文と鑑賞

「長屋の儲かった金だ?使うものやがな!」

(ながやのもうかつたかねかたつかうものやがな)

【大意】長屋の経営で儲かった金だから大切にしろというのか?金は使うものなのだ!

【解説】やっとの思いで貯めた金を、無駄遣いする親父の強引な理屈である。