回文春秋

回文と鑑賞

「居たりな、……虹や」 おやつ監督、泣く。 「とんかつ屋おやじになりたい!」

(いたりなにじやおやつかんとくなくとんかつやおやじになりたい)

【大意】「ここに居なさい。虹が出ているのだから」という言葉に、おやつ監督が泣き「とんかつ屋おやじになりたい!」と叫んだ。

【解説】頑なだったおやつ監督の心が、雪解けのように解放された瞬間である。