回文春秋

回文と鑑賞

遺体が「いかんな、痛!痛い!なんか胃が痛い!」

(いたいがいかんないたいたいなんかいがいたい)

【大意】遺体が急に、胃の痛さを訴えはじめた。

【解説】これほど臨場感のある痛がり方も珍しいので、できれば何とかしてあげたいものである。