回文春秋

回文と鑑賞

うそっ!あいなめ焼く道路?朗読やめない?……暑そう。

(うそつあいなめやくどうろ、ろうどくやめないあつそう)

【大意】あいなめを焼く道路では、暑そうなので朗読やめない?という提案をしている。

【解説】夏場に外で活動している朗読サークルの人間模様を活写した、青春のひと駒である。