回文春秋

回文と鑑賞

余談なれど、お魚のお店の新鮮戦士の蝉男の中さ、オドレなんだよ。

(よだんなれどおさかなのおみせのしんせんせんしのせみおのなかさおどれなんだよ)

【大意】余談だが、お魚のお店の新鮮戦士「蝉男」の中に入るのはお前なんだよ。

【解説】「おどれ」は広島地方の方言で「お前。貴様。汝」の意。「まさか、自分であったとは!」という驚きを疑似体験できる作品である。