回文春秋

回文と鑑賞

予鈴に「金魚、はよ銀器に入れよ」

(よれいにきんぎよはよぎんきにいれよ)

【大意】予鈴が鳴ったため、金魚を元の銀器に入れよう。

【解説】関西の名門女学校の日常風景である。