回文春秋

回文と鑑賞

賢し寿子、少し年越しか

(かしこしとしこ すこしとしこしか)

【大意】賢い寿子さんは、年越しそばを少ししか食べない。

【解説】おせち料理用に胃を空けておくため。