回文春秋

回文と鑑賞

外科の椎名、下駄。胸がキュン!年末、万年雪が眠たげな石の影

(げかのしいなげたむねがきゆん ねんまつ まんねんゆきがねむたげないしのかげ)

【大意】外科医の椎名先生は今どき下駄を履いており、その姿に胸がキュンとなる女性が多い年末である。その一方で、高山の万年雪は石の影で眠たげにしている。