回文春秋

回文と鑑賞

泣かるるか。市の美しきかの医師惜しいのか、騎士苦痛、のち逝かるるかな。

(なかるるか いちのうつくしきかのいしおしいのか きしくつう のちいかるるかな)

【解説】市場にいたあの美しい医師が惜しいのか、騎士は苦痛を感じその後、亡くなった。そのことでお泣きになるのか。