回文春秋

回文と鑑賞

大きなイカ、犬を縫い、飼い、泣き、「おお!」

(おおきないか いぬをぬいかいなきおお)

【解説】大きなイカが針で犬を縫い、虐待をしていた。その後は悔い改めて犬を飼い、罪の重さに気づいて「おお!」と叫びつつ泣いた。