回文春秋

回文と鑑賞

酔う。「よし、イカの会しようよ!」

(よう よしいかのかいしようよ)

【解説】組長が狙撃されて即死となり、その通夜の席で組長の念願だった「イカの会」を行いたいという声があがる。「こんな時に……」と苦々しく思う幹部たち。「イカ湯にでもつかって、温泉旅館で飲み明かそうぜ」と盛り上がる若手連中との対立の図である。