回文春秋

回文と鑑賞

食べ物

夜は鍋だべな、春よ

(よるはなべだべなはるよ) 【解説】寒い冬の夜、お爺さんは「夜は鍋だべな」と喜び、春お婆さんの遺影に語りかけている。 笠原将弘のやみつき極上なべ 作者: 笠原 将弘 出版社/メーカー: 主婦の友社 発売日: 2013/12/19 メディア: Kindle版 この商品を含む…

あれ食えよ、エクレア!

(あれくえよえくれあ) 【解説】少女マンガに出てくるカッコいい男子の言う台詞である。風邪が治りかけの主人公に素っ気ない態度だが、別れ際に「お前、風邪治ったばっかりならあれ食えよ、エクレア!」と告げて去ってゆく。きゅん……(効果音)。 エクレア …

やっ、やるで!餅つきすんのん、好きッ!血も出るやつや!

(やつやるでもちつきすんのんすきつちもでるやつや) 【解説】「餅つき」と聞いただけで興奮し、血も出るほどの餅つきをするのが好きな男による発言か。 餅つき臼(3升用) 木台・杵つき 4点セット【御影石臼・桧木台・子供用杵・大人用杵】 出版社/メー…

私、ちらし寿司・押し寿司、拉致したわ

(わたしちらしずしおしずしらちしたわ) 【解説】「わたし、負けましたわ」という有名な回文を長くする試みのつもりでしたが、「妻の寝言シリーズ」でも作ろうかなと思わせる結果となりました。 ミツカン 五目ちらし 230g 出版社/メーカー: ミツカン メディ…

つかの間の筋トレして知れ「とんき」の魔のカツ

(つかのまのきんとれしてしれとんきのまのかつ) 【解説】ほんのしばらくでも筋トレをしてから有名店「とんき」のカツを食べると、それはもう魔術的な美味しさである。 とことん! とんかつ道 (中公新書ラクレ) 作者: 今柊二 出版社/メーカー: 中央公論新社…

 「よ、石井!」「お?夜鳴き蕎麦?ヤバそ……」「来なよ、美味しいよ!」

(よいしいおよなきそばやばそきなよおいしいよ) 【解説】石井が夜の街を徘徊してると「よ、石井!」と夜鳴き蕎麦の屋台にいた知人から声がかかった。ヤバそな雰囲気だが、「来なよ、美味しいよ!」と明るく誘われている。 チャルメラ 出版社/メーカー: ビ…

王監督「ニンニク丼、買うお!」

(おうかんとくにんにくとんかうお) 【解説】王監督は、ニンニクを山のように盛った、ニンニク丼が大好物!スタミナをつけすぎたせいか、ちょっと呂律があやしい。 ありがとう王監督―ホークスの14年 作者: スポーツニッポン新聞社西部本社 出版社/メーカー:…

羊羹、坊さん三本買うよ

(ようかんぼんさんさんぼんかうよ) 【解説】羊羹を一本だけ買おうとすると、店員が「坊さん、三本買うよ」とプレッシャーをかけてきた。 とらや 小形羊羹 12本入 出版社/メーカー: とらや メディア: その他 この商品を含むブログを見る

「あ、『獺祭』ケースですー!……警察だァ!」

(あだつさいけーすですーけいさつだあ) 【解説】麻薬密売組織のアジト中枢部を突き止めた警察は、「獺祭」のケースですー!お届けに上がりましたー!という振りをして、ドアが開くや否や「警察だァ!」と名乗り、一斉捜索に踏み込んだのである。本当の祭は…

何か食いてえぜ!

何か食いてえぜ! お? 昼、いないな……。 いる日、おせえて? 行くかんな! (なんかくいてえせおひるいないないるひおせえていくかんな) 【解説】何か食いたいと考えて、近所の定食屋へ向かったチンピラ。昼は人手不足のため、主人はいない。店番のお婆さ…

枯れ菊や半端なパンは薬切れか

(かれぎくやはんぱなぱんはやくぎれか) 【解説】冬空の下、パン屋のショーケースに半端で不恰好なパンが並んでいる。店主は、かつて薬物所持で捕まったという噂だが……?「枯れ菊」は冬の季語。 からすのパンやさん (かこさとしおはなしのほん (7)) 作者: …

 タレと砂で作る靴で茄子とれた

(たれとすなでつくるくつでなすとれた) 【解説】シンプルで、よくある単語ばかりが並んでいる。しかし意味不明さの純度が高く、本当に頭の変な人の書いた日記のようである。 茄子の輝き 作者: 滝口悠生 出版社/メーカー: 新潮社 発売日: 2017/06/30 メディ…

やりくり面倒臭く「うどんメリクリ」や!

(やりくりめんどうくさくうどんめりくりや) 【解説】クリスマスだからといって、パーティだのケーキだのプレゼントだの、家計のやりくりが面倒くさい……。そんなズボラな主婦の皆様にお勧めしたいのが「うどんメリクリ」や(詳細はWebで)! 【Amazon.co.jp…

酔いしれ「う~!」パン焼き機でき、キャンパー「嬉しいよ!」

(よいしれうーぱんやききでききやんぱーうれしいよ) 【解説】余りの美味しさに酔いしれて「う~!」と声が漏れるほどのパン焼き機ができた。山で食事を楽しむキャンパーも「嬉しいよ!」と大絶賛している。 山と食欲と私 1 (BUNCH COMICS) 作者: 信濃川日…

スガ、こんろ・釜でマカロン焦がす

(すがこんろかまでまかろんこがす) 【解説】「お菓子が好き好きスガシカオ」という有名な回文に匹敵するような名作を作ろうと、意欲を燃やして作ってみたら内容的にも燃えてしまった。 GLAMOURDISE(グラモウディーズ) マカロン 詰め合わせ 12個入り 出…

(ドン!)ランチ可!でかチンランド!

(どんらんちかでかちんらんど) 【解説】ドン!という効果音と共に、いよいよ「でかチンランド」がオープンした。ランチを食べるのも可能だという、すてきな遊園地らしいぞ! ランチのアッコちゃん (双葉文庫) 作者: 柚木麻子 出版社/メーカー: 双葉社 発売…

タモリと鍋

鍋だ(トン)! タモリ「栗も、たんと食べな!」 (なべたとんたもりくりもたんとたべな) 【解説】タモリさんが鍋をご馳走してくれた。栗もたくさんあるので、たんと食べな!とご機嫌である。 タモリ アーティスト: タモリ 出版社/メーカー: Sony Music Dir…

食べ泣けた「軍鶏とモヤシだけ鍋」だ

(たべなけたしやもともやしたけなべた) 【解説】料理下手な父がかつて考案した「軍鶏とモヤシだけ鍋」を久々に作って食べてみた。すると何故だろう、涙が止まらない……。鍋は冬の季語。 食玩 チョコQ ペット動物 第3弾 89 シャモ 白ミノ 出版社/メーカー: …

枇杷

手、ついてっ! 詫びて、 「枇杷」 って言って! (てついてつわびてびわつていつて) 【解説】夫婦の会話である。夫は一方的に怒られているが「枇杷」と言って済むのであれば、とりあえずそうしておきたい。 【九州旬食館】 日本の果実 長崎県産 びわ ゼリ…

出汁巻が「魚の目の王が来ました!」

(たしまきがうおのめのおうがきました) 【解説】出汁巻卵の門番が「魚の目の王が来ました!」と力強く叫ぶ。シュールなおせち料理の竜宮城か、はたまたボッスの絵画のような世界の風景か。魚の目の王が来訪した目的とはいったい……? 【第2類医薬品】ウオノ…

キャンパス行くうぐいすパン屋機

(きやんぱすいくうくいすぱんやき) 【解説】大学生が「うぐいすパンを食べたい……」と感じる時、この機械があれば、うぐいすパン専門店が、店ごとキャンパスまで行ってくれる! とじ太「普通に買えばいいのに……」 ベーカリーメルシー うぐいすパン 出版社/…

赤かぶら持って凍てつもラブ嬶

(あかかぶらもつていてつもらぶかかあ) 【解説】凍てつくほどの厳しい寒さの中、赤かぶらの漬物の準備をしている夫婦。一心に働いている嬶(かかあ=妻)の様子に、熱いラブを感じている夫である。「赤かぶら」は赤い蕪で、冬の季語。 飛騨山味屋 赤かぶら…

「寒卵っ、は美味しいお♪」「……はっ!胡麻坦か!」

(かんたまごつはおいしいおはつごまたんか) 【解説】新メニュー作りに悩むラーメン店の店主。幼い娘が「寒卵っ、は美味しいお♪」と歌っているのを聴き、胡麻坦々麺に卵を入れてマイルドにする方法を発見したのであった。 エバラ 黒胡麻担々麺スープ 1kg 出…

薬喰 変てこ店へ行くリスク

(くすりくいへんてこてんへいくりすく) 【解説】薬と称して冬季に肉を食べることを薬喰(くすりぐい)と言い、冬の季語。変てこな店に行き、何の肉か分からないものを食べるには今でも勇気が必要である。 「薬喰い」と食文化 (シリーズ「食」の文化と文明)…

回文でわかる!カレーの作り方シリーズ

こーれかな?カレー粉? (こーれかなかれーこ) 【解説】カレーの作り方を回文で皆さんにお伝えしたい。まずは「こーれかな?」と歌うような調子でカレー粉を探してみよう。台所の周辺を適当に探せば、すぐに見つかるぞ(なければ、スーパーかコンビニへ)…

うまい棒空母シリーズ

田中のみ!うまい棒空母、今、海の彼方……。 (たなかのみうまいぼうくうぼいまうみのかなた) 【解説】科学技術の粋を集めて造られた「うまい棒空母」には、田中しか乗っていない。そして、今は遥か海の彼方にいるという……。 「ええ?」「ひでえだろ?」うま…

おやじ「あっ、コント見てみ?トンコツ味や!お?」

(おやじあつこんとみてみとんこつあじやお) 【解説】ラーメン屋でトンコツラーメンを注文したら、ちょうどテレビでやっていたコントでもトンコツ味の話題が出てきたので、店主が喜んでいる。 一風堂 博多とんこつ 白丸 元味 出版社/メーカー: NISSN …

伊代がめまい・肩こり……。いりこ・高い豆がよい

(いよがめまいかたこりいりこたかいまめがよい) 【解説】伊代ちゃんがめまい・肩こりに悩んでいると、医者はいりこや高い豆を勧めてくれた。 伊代にもできた! 知識ゼロからの基本料理 (廣済堂ベストムック277号) 作者: 松本伊代,しらいしやすこ(監修) 出版…

書店でおでんて……良し!

(しよてんでおでんてよし) 【解説】書店組合とおでん業界がコラボした「書店でおでんプロジェクト」。「書店でおでんて……ふざけるな!」と言いたい心をぐっと抑えた結果、このようなキャッチコピーが爆誕したのである。君も、書店でおでんを食べてみないか…

「並んでおでん、習いたいら!」「何でおでんらな?」

(ならんでおでんならいたいらなんでおでんらな) 【解説】ら音が入る方言を使う親子なのらろうか?きっとそうらな。 紀文 おでん一人前 450g 12個入 【常温保存可】 出版社/メーカー: 紀文食品 メディア: その他 この商品を含むブログ (1件) を見る